WOOD

WOOD SPECIES

木種は下記よりお選び頂けます。

【日本の木】

・栃(トチ)

さざなみ模様の様に黄金に輝く木目が特徴の栃、耐久性はやや低めだが、屋外で使わない限りは問題なく、日本を代表する木材の1つで大きく育つが真っ直ぐ育たない為、面白い形をした板が多い。面白い形の板をお探しの方におすすめの木材です。

・栗

加工時の木目は若干青白っぽい色をしています。次第に淡褐色に変わっていき味わい深くなっていきます。日本の木材ではヒノキと並ぶ耐水性がある事で知られており、弾力性が高く加工もしやすく優秀な木材です。和テイストによく合う落ち着いた木目をしています。

・山桜

ヤマザクラは国産のサクラ材で白い花を咲かせる桜です。ブラックチェリーよりオレンジがかった木肌で、粘り気があり、少し固め、
加工も比較的しやすく、乾燥後の板の狂いも少ないのでとても優秀な材料です。乾燥中に大きく板が暴れる事があり、桜の木は大きくなりにくいので一枚板は非常に流通量が少ない木材です。甘い香りがしますので燻製用スモークチップにも人気です。

【アメリカ・北米】

・モンキーポッド

「このー木なんの木」のCMでもおなじみの木材。ウォールナットより若干黒く、目は粗い。濃茶色だが皮下は白く色境いがはっきりしているのも特徴です。耐久性はかなり高くハワイでは雑貨やテーブルとして広く使われています。

・ハードメープル

光沢のある美しい材料で、カナダの国旗に書かれる葉はハードメープルの葉で、ボーリングのピンに使われるほど固く重厚で、加工はとても大変です。木材自体に水分を多く含んでいるので伸び縮みが大きいのですが、黄金に輝く木目はモダンがデザインの部屋によく合い、2000本に1本の割合で取れるバーズアイ(鳥の目模様)と呼ばれる木目は通常の20〜40倍で取引されています。

・ブラックチェリー

淡くキラキラした木目が特徴のブラックチェリー。日本でチェリーと呼ばれるのはほとんどがこのブラックチェリーを指します。
ブラックチェリーは経年変化が最も激しい木材で、加工した時は淡い薄オレンジ色をしていますが、半年〜1年立つと目で見てハッキリ分かるほど赤みを増していき、とても落ち着く色合いを出してくれます。

・ウォールナット

日本で最も人気の木材の1つで、黒み掛かった色合いは他には無い材料です。世界三大銘木の1つにも数えられ、耐久性もあり狂いも少なく、加工し易い。経年変化は激しく、通用の経年変化の逆で段々色が薄く明るくなっていくのも特徴です。世界三大銘木の中で唯一輸入が禁止されていない木材で、非常に人気があり年々数が減りつつある希少な木材です。

【アフリカ/南米の木】

・ブビンガ

世界一太く成長する木材で、表面の淡い赤白色は、時間の経過とともに深い色調へと変化していき、使い込むほどに縞部分がより濃い色調へ変化し、味わい深い色合いへ変わっていきます。堅気の大様と呼ばれ、非常に固く、重く、木目に方向性がさほど無いので仕上げるのがとても大変な木材です。乾燥が遅く、乾燥時には狂いが出やすい。重厚感のある木目は高級家具として広く使われてきました。

Houzzに登録中の境港市, 鳥取県, JPの足立晴基