CONCEPT

空間に描く木目のアート。 素材を知り、癖を生かし、唯一無二を創る。

― 手道具 ―

人の手の感覚は機械を超えます。
鉋(カンナ)、蚤(ノミ)、手道具にこだわり、手作業で仕上げる。
機械では到達することの出来ない美しい仕上がり、風合いをご提供します。

― 木材 ―

木材の経年変化を最大限楽しんでもらいたい。
そういう想いから総無垢材にこだわります。
天板など板接ぎは20cm前後の広めの板を使用する
ことで天板に木目の流れ、動きを出します。

― 塗料 ―

完全無添加ナチラルオイルで仕上げます。
木材本来の風合いを出し、木材にも人にも優しい家具であって
欲しいという思いから、ウレタン塗装は行っておりません。

― デザイン ―

その木が持つ木目の魅力を最大限活かすデザインを心がけています。
強度が損なわれる境界線を熟知している家具職人がデザインすることで強度を保持したままデザインの幅を広げる事が可能となります。

― 足立商店の家具 ―

家具はキレイだけじゃつまらない。
木目で遊び、節でインパクトを残す。

木は人間と同じ。1つとして同じ木目の木は存在しない。
完全な一点もの。
個性をしっかり残し、魅せる。
木取りから塗装まで全て手作業で仕上げ、家具に想いと命を吹き込む。
ただ置いてある家具になってほしくない。
魅せる家具であって欲しい。
そういう想いで作る家具、それが足立商店の家具です。